鋳造及び特殊鋳鋼の製造に必要なすべての資材及び設備を提供する「日研工業」です

日研工業株式会社TEL:0594-22-2552

簡易8号試験片用シェル鋳型

機械加工なしで使える「簡易8号試験片用シェル鋳型」です。
ねずみ鋳鉄の強度評価のための試験片は、直径30mm長さ300mmの丸棒形状の中央部を20mmに機械加工したものを使用します。
「簡易8号試験片用シェル鋳型」は中央部を20mmになるように作成したシェル鋳型です。
20mmに加工したものと「簡易8号試験片用シェル鋳型」との引張強度の比較試験を
三重県工業研究所に依頼し、「FC150・FC200では簡易鋳造型製品(日研工業の簡易8号試験片用シェル鋳型)は、機械加工を要する引張強さと同等の強度が得られ、現場での品質保証試験として使用できることを実証した」との研究結果報告を得ました。(平成22年2月)

研究結果の詳細はこちらをご覧ください>
下記写真は全て「三重県工業研究所」提供

引張試験結果

FC150・FC200・FC250の材質で接種した溶湯の引っ張り強さを示す。簡易型製品と丸棒加工製品における引張強さは、ほぼ同じ結果が得られ、簡易型製品は製造現場管理用として十分なことが分かった。

破断後の引張試験片

上:簡易型
下:丸棒加工型

注湯直後の製品外観

湯漏れ防止のため、製品貼り合わせ面を糊で接着し、さらにバンドで鋳型を固定した。
解枠までの時間は注湯から1時間とした。

引張試験機

引張試験機外観

↑ PAGE TOP