鋳造及び特殊鋳鋼の製造に必要なすべての資材及び設備を提供する「日研工業」です

日研工業株式会社TEL:0594-22-2552

ドライアイス

ドライアイスの物性  ドライアイスは、炭酸ガスを固体にしたものです。
ドライアイスは、-78.5℃で固体から直接気体に変化します。(昇華)

ドライアイスは、物を冷やすもの=冷却材として使用されます。
また、昇華して直接気体(炭酸ガス)となる性質を利用して、食品の酸化防止材やバクテリア繁殖防止材としても使用されます。
ブロック状/スティック状/雪状のものがあり、用途によって使い分けられれます。

 

ドライアイスの用途

・物を冷やす冷却材
・炭酸ガスの静菌作用(細菌の発育を止める作用)や酸化防止作用(大気中の酸素分子による緩慢な酸化を防ぐ作用)を利用した、食品・血液・医薬品等の長時間保存や輸送
食品加工時に発生する熱による品質の変化を防止/落下細菌等の細菌汚染による日持ちの低下防止
・低温実験用トラップ

用途や対象とする食品などに応じて、プレスの形状、昇華速度、冷却速度の異なるドライアイスを使い分けることができます。

 

ドライアイスの種類

 
 
角ドライアイス
大型ペレット状
ドライアイス
粒状ドライアイス
(ペレット)
500g、1kg、2kg等用途に応じた形状で提供します。 16ミリ径、20ミリ径のチョーク状ドライアイスです。用途に応じて袋詰めします。 3ミリ径、6ミリ径、6ミリ径と用途に応じて供給します。

 

↑ PAGE TOP